頭痛(その12)      トップに戻る

慢性頭痛〜緊張型頭痛とは?

 
  
 
  前のページ 目次 次のページ  
 

 

緊張型頭痛とは?

 

緊張型頭痛は、頭痛のなかでは最も多く頭痛全体の大半を占めます。女性にやや多いのですがほとんど男女差はありません。ではどんな頭痛なのかさっそく見ていきましょう。

 

どんな痛み? 

頭がジワーッと、あるいはギューッと締め付けられるような痛みです。「頭に重しをのせたような」「ハチマキをギューッとしめたような」「ベルトで締め付けているような」など様々に表現されます。

 

どのあたりが痛むの? 

後頭部を中心として両側性に痛むことが多いですが、片側のこともあれば頭全体のこともあります。

 

何時間ぐらい続くの? 

昼から夕方にかけて起こることが多く、20分位で治ることもあれば、仕事が終わってリラックスしたり眠ったりするまでずーっと続くこともあります。

 

どのくらいの頻度で起こるの? 

片頭痛のように月に何回起こるというものではありません。仕事が忙しくて根をつめていたり、ずっとパソコンの仕事をしてたり、あるいは精神的ストレスが続いていれば、毎日ずーっと続きます。

 

頭痛以外の症状は? 

首や肩の凝り眼精疲労、ふわふわした感じなどです。吐き気はないことがほとんどですね。

 

頭痛をひどくするのは? 

一定の姿勢でパソコンなどの作業をし続ける時。とくに前かがみの姿勢を長く続けるのはよくありません。精神的緊張が続く時メガネの度が合ってないことなどによる眼精疲労の時もひどくなります。

 

前兆は? 

特にありません。

 

 

 

 
      前のページ 目次 次のページ       トップに戻る      
  
 
 

※無断複製・転載・放送等はお断りいたします