頭痛(その9)      トップに戻る

慢性頭痛〜片頭痛とは

 
  
 
  前のページ 目次 次のページ  
 

 

片頭痛とは?

片頭痛は、日本人の大人の一割前後が持っています。女性に多く、思春期頃にはじまり60歳頃まで続きます。では、どんな頭痛なのかさっそく見ていきましょう。

 

どんな痛み? 

ズキズキと脈拍にあわせて痛みます。

 

どのあたりが痛むの? 

こめかみから目の奥にかけて。片側が痛むことが多いですが両側のこともあります

 

何時間ぐらい続くの? 

4時間ぐらいから3日間ぐらいです。

 

どのくらいの頻度で起こる? 

月2〜3回ぐらいですが、なかには毎週起こる人もいるし、年に2〜3回の人もいます。

 

頭痛以外の症状は? 

吐き気、嘔吐、下痢などの消化器症状。光や音に過敏になる。冷感

 

頭痛をひどくするのは? 

体を動かす、頭を動かす、強い光、大きな音…。 

 

前兆は? 

閃輝暗点目の前にキラキラ光るガラスの破片のようなものが見える。20分〜30分続く。)、生あくび、めまい、肩がこる、眠気、おなかがすく、甘いものが食べたくなる、情緒不安定…など。ただし、前兆のない人もいます(10〜20%)。

 

誘因は? 

ストレスから開放された時。たとえば、楽しいはずの週末になると頭痛が起こる(週末頭痛)、睡眠を多くとりすぎた時など。

環境的な誘因人混み、騒音、タバコのにおい、急な温度変化、季節の変わり目、空腹時、生理の前後

食べ物アルコール、チョコレート、チーズ、ハムなど。ただし、日本人の場合、アルコール以外はあまり誘因になることはないといわれている。

ホルモン剤高血圧や心臓の薬

 

 

 

 

 
      前のページ 目次 次のページ       トップに戻る      
  
 
 

※無断複製・転載・放送等はお断りいたします