頭痛(その1)      トップに戻る

危険な頭痛〜危険な頭痛とそうでない頭痛

 
  
 
  目次 次のページ  
 

危険な頭痛とそうでない頭痛

 

頭痛といっても様々で、風邪や二日酔いの頭痛もあれば、片頭痛や緊張型頭痛のように慢性的でガンコな頭痛もありますし、中にはくも膜下出血のように重大な病気のサインである場合もあります。

このシリーズでは皆さんに頭痛というものの全体像がつかめるよう、わかりやすくお話していくつもりです。

まずは言葉の説明を少々。

 

機能性頭痛(=一次性頭痛)  

他の病気の症状として頭痛になっているわけでなく、頭痛自体が病気の場合

例)片頭痛・緊張型頭痛などの慢性頭痛。頭痛の大半はこれ。日本人の30%以上がこのタイプの慢性頭痛に悩んでいるといわれる。

 

症候性頭痛 (=二次性頭痛器質性頭痛

何らかの病気の症状として頭痛になるもの

例)風邪の一症状のこともあれば、くも膜下出血・髄膜炎・脳腫瘍など重篤な病気の場合

もある。

 

ほとんどの場合、生命に危険のある頭痛ではないので、頭痛が起こった場合に過剰に心配する必要はありません。しかし、数は少なくても中には重篤な病気が潜んでいることもあります。ですから、どんな頭痛の時にすぐに病院に行かなければならないかをよく知っておいてください。

 

ポイント 起こり方や性状が今までに経験した頭痛と違う場合

突然起こった。

激烈だ。 

何日も続いて、しかも少しずつひどくなってきた。

他にも症状がある。 例)しびれ・けいれん・ろれつが回らない・物が二重に見える・高熱・めまい…等々。

 

以上のような頭痛が起こった時には、すぐに脳外科・神経内科を受診してください。

 

 

 

 

 
      目次 次のページ       トップに戻る      
  
 
 

※無断複製・転載・放送等はお断りいたします