若い女性に多い「生理痛」のタイプ

ストレスや冷えから起きる生理痛      トップに戻る

●病気と健康 ● 伝統医学で生理痛に克つ!!  第 9 回

 
     
  前のページ 目次 次のページ

 

 

 

 

 
 

生理痛のことをTCM(ティーシーエム。トラディショナル・チャイニーズ・メディスンの略)では「痛経(つうけい)」といいます。「痛みをともなう月経(生理)」という意味です。生理痛は女性の数だけ痛みも違い、フォーミュラも違いますが、ここでは生理痛を大きく4つのタイプに分けてご紹介します。

まえにも触れましたが、いわゆる子宮内膜症や子宮筋腫によってもたらされる「器質性」の生理痛は年々増える傾向にあります。これについては後日改めて紹介しますが、これは病気由来ですから、婦人科にかかるなどして治療を受ける必要があります。少しでも不安のある人は、早急に信頼できる医師、婦人科にご相談ください。「器質性」の生理痛については、第14回で症状などを紹介する予定です。 

 
     
     
 

若い人に多い生理痛のタイプ

症例タイプ1ストレスによるもの

  • ケース…… Iさん(23歳、OL)は失神こそしないものの、かなり重い生理痛に毎月泣いている。「そろそろくるな」という時期になると、神経も張り詰めるようで、疲れやすい。お腹も「便秘かな」と思うくらいに張ってきて、不定期に痛みが襲ってくる。会社に生理休暇制度があるのはあるが、社の業績が悪くて、とてもいいだせるような雰囲気ではない。
      生理前のデートでは、胸をさわられると乳首が痛くて、ついつい彼を拒絶。彼にも生理の大変さをわかってもらいたいのだけれど、「生理前だから……」のIさんの言葉に「わかった、わかった」と症状の話は聞いてくれない。で、また翌月は同じ会話をくりかえす。最近では彼を不愉快にさせている自分が、何か悪いことをしているように思えてきて、Iさんはますます「生理痛」で落ち込んでいる。
  • 痛みの時期……生理前、生理中
  • 痛みの性質……ズキズキとした激しい痛み。お腹が張る痛み
  • 痛みに伴う症状……イライラ、のぼせ、ときに乳房が張って痛む
  • お腹をさすると……痛みが増す
  • 出血量……基本的には少ない
  • 生理出血の色……暗赤色
  • 血塊 ……ある
        (排出すると、痛みが和らぐ)
  • 舌の色……暗い紫
  • 治療原則……気(き)と血(けつ)の循環(流れ)を改善する
  • フォーミュラ(例)
    • いらいら、のぼせ、乳房が張って痛む加味逍遥散(かみしょうようさん/肝機能の改善、のぼせに効果)
    • ストレス、生理出血がどす黒い血府逐お湯(けっぷちくおとう/活血作用が強い)
    • お腹が張る痛み膈下逐お湯(かくかちくおとう/止痛)
  • 発症のメカニズム……生理痛の多くがこのタイプです。ストレスなどの情緒不安定により、肝ストレス系の機能低下を起こすと、気(き)の流れが悪くなります。肝ストレス系は、気(き)の流れや気分の調整をおこないます。気(き)と血(けつ)は一体となって、体内を巡っています。気(き)の流れが悪くなれば、血(けつ)の流れも悪くなり、生理痛の原因となります

症例タイプ2冷えからくるもの

  • ケース……ファストフードでアルバイトをしているSさん(25歳)。当面の目標は、お金を貯めてオーロラを観にいくこと。テキパキと仕事をこなすので、スタッフの信頼も厚く、働きがいもある。そんなSさんが決まって毎月、何日かブルーになることがある。生理痛だ。制服がミニスカートだから、年中冷え症と闘っているSさんにとってこの時期、痛みで笑顔がつくれなくなるのだ。
      主任は私の生理周期を知っているので、見て見ぬふりをしながら、客のいないところで「だいじょうぶ?」って、心配してくれるからいいのだけれど、接客時に笑顔がない(正確には顔がゆがんでいる)と、客のなかには「俺達の注文に怒ってるよ、コイツ」なんていわれることも。そんなときSさん、痛みよりも悲しみで、思わず「私、生理痛がひどいんです!!」って、叫びそうになる。
  • 痛みの時期……生理前、生理中
  • 痛みの性質……ズキズキとした激しい痛み。冷えると痛む(温めると、痛みが和らぐ)。キューッとひきつるような痛み
  • 痛みに伴う症状……手足が冷える、頭痛
  • お腹をさすると……あまり変化はない

  • 出血量……基本的には少ない
  • 生理出血の色……暗赤色
  • 血塊……ある

  • 舌の色……白っぽい

  • 治療原則……子宮を温める。体を温めることで、血流をよくする
  • フォーミュラ(例)
    • 手足の冷え、頭痛当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう/手足の冷え、血色の悪い生理痛に効果)
    • 生理不順温経湯(うんけいとう/生理痛、不妊症、流産に効果)

     

  • 発症のメカニズム……子宮が冷えることで気(き)と血(けつ)の流れが悪くなり、痛みをもたらします

フォーミュラは、服用する時期を間違えると、効果はありません。そればかりか、害にもなります。市販のものを使う場合には、用量、用法を正しく守ってください。医師や薬剤師の指導を受ける場合は、その指示に従ってください。

生理の前後は、冷たいものの食べすぎ、飲みすぎ、水泳など、体を冷やすものは避けてください。過労や性行為過多に注意し、ストレスの発散を工夫してください。また、毎月訪れる生理、それに伴う痛みを過度に恐れないこと。生理痛の多くは、こういった、対処で改善をみるということも臨床データは示しています。

 
     
     
 

●次回予告●

のこる2タイプを紹介します。多くは、子宮の栄養不足によって起きます。加齢とともに増える傾向にあります。

 

 
 

 

 

 

 

前のページ 目次 次のページ

       トップに戻る

 
     
 

※無断複製・転載・放送等はお断りいたします