睡眠障害と不眠症(その2)      トップに戻る

短時間睡眠者について

 
  
 
  前のページ 目次 次のページ  
 

 

短時間睡眠者について

 

さて前回は、睡眠時間は人によってバラバラ、という話でしたね。で、この話になると必ず出てくるのがフランス皇帝ナポレオンです。彼は一日に3時間しか寝てないのにあれだけの大事業をすることができた。ホントにすごいと思います。

 

ほかには、エジソンもそうですね。3時間ぐらいしか睡眠をとっていないのに、起きている間に次から次へと発明のアイデアがポンポンと出てくるなんてうらやましい限りです。身近なところでは、患者さんの中にも3〜4時間睡眠の人はいますし、この「ハーブの風」のスタッフにもいます。

 

毎日の睡眠時間の合計が6時間以下の人のことを「短時間睡眠者」略して「短眠者」といいますが、こういう人たちの睡眠って一体どうなっているんでしょうか。

 

じつは、ひとくちに睡眠といっても、脳波をとると浅い睡眠から深い睡眠まで様々な段階があります。 で、短時間睡眠者の脳波と、7〜8時間ぐらい睡眠をとっている人つまり平均的な睡眠者の脳波を比べてみます。すると深い睡眠段階の時間数に関しては両者ほとんど変わりがないんですね。

 

その代わり、短時間睡眠者には浅い眠りの時間はほとんど見られません。一方、平均的睡眠者には浅い眠りの時間がかなり見られます。深い眠りこそが疲労回復に役立つということを考えると、短時間睡眠者は浅い眠りというムダ(と言ってはいいすぎですが…)を思いきって切り落としたような、非常に効率の良い睡眠をとっているといえるでしょうね。

 

さて、短時間睡眠者に対して毎日10時間以上眠る人長時間睡眠者、略して長眠者といいます。あの相対性理論を考え出したアルバート・アインシュタインは、長眠者の代表選手ですが、眠る時間が長くても短くても、スゴイ仕事をする人はするものなんですね。

 

自分にピッタリの睡眠時間をとって、起きている時間に充実した生活を送ること、結局のところそれが一番大切だと思います。

 

 

 

 

 
      前のページ 目次 次のページ

       トップに戻る

     
  
 
 

※無断複製・転載・放送等はお断りいたします