用語解説    基本用語 | 体調不良の時の用語 | 治療に関係する用語


基本用語本文中での表現

陰(いん)(広義)人体の物質的側面を意味することが多い。
(狭義)体内の正常な水液の総称
陽(よう)(広義)人体の機能的側面を意味することが多い。(気に近い意味)  (狭義)体内の温熱をさす。
虚(きょ)不足すること。機能低下
実(じつ)病気を引き起こす原因のこと。
気(き)仮想的な物質。生体活動のエネルギーと考えてよい。
血(けつ)ほぼ現代医学の「血液」と同じものと考えてよい。
津液(しんえき)体内の正常な水液の総称。
経絡(けいらく)気血が運行する仮想的な通路。全身にくまなく分布しており、人体の各部を相互に結びつけている。体表のツボを結んだものと考えるとわかりやすい。


五臓(ごぞう)

TCMは身体の制御システムを心・肺・脾・肝・腎の5つに分けた。
この時、脳の機能(こころの働き)や、内分泌・免疫機能なども含めて分割したので、5つのシステムは現代医学の心臓(Heart)や肝臓(Liver)などとは異なる概念となった。この事は、初心者にとって混乱のもととなるので当サイトでは、心・肺・脾・肝・腎をそれぞれ

        心メンタル系 肺免疫系 消化吸収系 肝ストレス系 腎ホルモン系

と呼ぶことにする。

 

心(しん)心・メンタル系。 @心臓(Heart) の働きと A精神作用 を合わせ持つ。
肺(はい) 肺・免疫系。  @呼吸機能: 肺(lung)とほぼ同じと考えてよい。
          A水分をコントロールする。
          B免疫機能
脾(ひ)消化吸収系。 [現代医学の脾臓(spleen)とは全く関係ないので注意。]
          @食物を消化、吸収して栄養、エネルギーを作り出す。
          A水分のコントロール
          B止血機能
肝(かん) 肝ストレス系。
         @血液の貯蔵とコントロール。
         A精神的ストレス発散機能(?) (精神的ストレス(憂鬱、イライラ) などを発散。)                
腎(じん) 腎ホルモン系。
       @腎臓(kidncy)に近い働き。(体液の量などを調節)
       A内分泌機能、自律神経系。(生殖にも関連)
       B骨、歯、骨髄に関連がある。