トップに戻る

 

特集

アンチエイジングのツボせらぴー(8)

  前のページ 次のページ   
 

 

編集部より皆様に大切なお知らせ

これからアンチエージングや美容に関するツボ療法をいろいろ教わることになりますが、自分自身にツボマッサージをする場合は、かならず決められたやり方を守るようにしてください。また、薬局でせんねん灸などを購入して使用する場合は、薬剤師によくご相談の上、使用説明書もよく読んで、間違いのないようにお使い下さい。さらに、心臓疾患や喘息など持病をお持ちの方は必ず医師に相談の上実施してください。最後に、ハリ・お灸・指圧・マッサージについては資格がない人の施術は法律で禁じられていますので、専門の鍼灸師・指圧師・マッサージ師の施術を受けてください。うるさいようですが、このコーナーは鍼灸医学の啓蒙が目的です。すべて自己責任でお願いいたします。万が一のことがあっても、当サイトは責任を負いません。

 

編集部 気の話、だんだん面白くなってきました。ところで博士。ほかにもいろんな気があるんですか?

 

ふぅ博士  そうねぇ。あまりいっぺんに教えると混乱するといけないからあと二つぐらいにしておきましょうか。営気(えいき)と衛気(えき)というのは一応頭の片隅にでも置いておいたほうがいいかしらね。

 

編集部 エイキ?エキ?何ですかそれ?

 

ふぅ博士 営気(えいき)というのは血管の中を血液とともに循環している気なのよ。

 

編集部 へぇ〜。で、そのエイキってのは血液に付き添って何をしてるんです?

 

ふぅ博士 血液がちゃんと全身を循環できるように助けてあげるんですのよ。

 

編集部 なんだかマンガっぽいっスね。血液って心臓のポンプ作用で全身を回るんじゃなかったっけ。

 

ふぅ博士 血液と言ったのはあなたがわかりやすいようにと思っただけで、本当は血液でなく中医学用語の「血(けつ)」に付き添うのね。だから、ちょっとニュアンスが違うわね。

 

編集部 ヤッパ、マンガっぽいッス。血(けつ)と気が手を取り合ってお散歩してますって感じで。

 

ふぅ博士 あら、そう?そういうのって現代医学の世界でもありますのよ。たとえば脳の中ではグリア細胞が神経細胞に付き添っていたり…。

 

編集部  ふ〜ん、そんなもんなんですかねぇ。博士。ところでもう一つの、えーっと何でしたっけ、新宿とか池袋とかのやつは。

 

ふぅ博士 それは駅でしょ。

 

編集部  ぽたぽた落ちる…。

 

ふぅ博士 それは液。

 

編集部 あたるも八卦、あたらぬも八卦。

 

ふぅ博士 それは易。 

 

編集部 博士、降参です。どんな漢字を書くんですか?

 

ふぅ博士 「衛気(えき)」と書くんですのよ。

 

編集部 ハイハイ。そういう字を書くんですね。で、そのエキっていうのはどんなもんなんですか?

 

ふぅ博士 血管の外をくまなく廻って、おもに体表部の防衛機能にたずさわっているのね。

 

編集部 つまり免疫担当の気ってわけですね。これはわかりやすいデス。

 

ふぅ博士 そうそう。冴えてるじゃないの。そうしたら、ついでにもう一つだけ覚えておいてね。

 

編集部 ハイ!わたくし、ただ今ものすご〜く張り切っていますので、二つでも三つでもドーゾ。

 

ふぅ博士 「臓器の気」というのがあるのね。

 

編集部 はぁ?またわけのわからないものが出て来ましたね。

      …というところで時間になりましたので、今日はここまでです。次回をお楽しみに。

 

 

前のページ 次のページ

トップに戻る  

  

胡 中医鍼灸治療院 (予約制)

  渋谷区幡ヶ谷2-8-10-1001  TEL 03-3374-1318

  診療日      月曜・火曜・木曜・金曜・土曜・日曜   休診日  水曜・祝祭日

  診療受付時間  午前10時〜午後6時30分

  予約方法     電話。  ただし急患の場合は随時来院可。

  料金        初診料 3000円

             治療費 7000円 (消費税別)

             難病の場合は追加料金を申し受けることがあります。

  交通        京王新線・都営新宿線「幡ヶ谷」下車。北口から左へ徒歩1分。  

  

ふぅ博士プロフィール : 本名 胡 伊拉(こ いら)博士

中国ハルビン市生まれ。中国瀋陽市にある中国医科大学を卒業後、開原県立病院内科、黒龍江省衛生管理幹部学院学部長、さらには、黒龍江省医学情報研究所長を経て、1986年 世界保健機構(WHO)のフェローとして来日。 国立公衆衛生院にて博士号を取得後、中医鍼灸学への思いやみがたく、日本で鍼灸師の資格を取得。1992年 中医鍼灸院を開業。

著書に「ハリ・灸はどうしてこんなに効くのか」(論創社)「効果てきめん!ツボの本」(日東書院)「すぐ効く治るツボの秘密」(保健同人社)がある。他にも雑誌の連載多数あり。現在も雑誌連載中。

 

 
 
Copyright (C) 2006 Keimei-kai Medical Corporation. All Rights Reserved.