トップに戻る

 

特集

アンチエイジングのツボせらぴー(3)

  前のページ 次のページ   
 

編集部    このところ気温の低い日が続きますね。風邪がはやっているようですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、満平さんは長生きの秘訣を役人に訊かれます。役人といってもきっと幕府高官でしょうね。場所もきっと江戸城。為政者というものは不老不死を願うもの。

 

ふぅ博士   そうですね。さて、満平さんは答えました。「別に秘訣はありません。ただ手前どもの家では先祖代々の言い伝えで、三里(さんり)と呼ばれるツボに灸をすえることになっております。」

 

編集部    出てきましたね。アンチエイジングのツボ。へえー、三里(さんり)ですか。

 

ふぅ博士   三里(さんり)という場所だけ知っていてもだめですよ。これは最初にお話しておいた方がいいと思うんですが、ツボというのはひとつだけでなく中医学理論に基づいて何箇所かを選び、お互いに響きあわせないと効果がありません。いずれご自宅で簡単にできる方法も教えますから、まあ慌てずに。

 

編集部    わかりました。

 

ふぅ博士   満平さんは続けます。「三里に、毎日8壮(そう)から11壮(そう)のお灸をしますが、これを毎月1日から8日まで、かならずします。このお灸は休んだことはありません。そして私は今年194歳になりました。」

 

編集部    8壮から11壮の「壮(そう)」というのはどういうことですか?

 

ふぅ博士   それは後日詳しく説明します。満平さんは得意になってさらに続けます。「女房は173歳に、せがれは153歳になりました。孫も105歳、さらに100歳ちかくになった曾孫も多うございます。」

編集部    すごいですね。

 

ふぅ博士   それ以来、三里の灸は健康増進の秘訣として全国に広まって行ったそうですよ。ただ、これはただのお話ですし、かなり誇張がありますが、こんな伝説があるくらい針灸というのは驚異的なものなんですよ。

 

編集部    中国にもやっぱり伝説があるんでしょうね。

 

ふぅ博士   はい、たくさんあります。伝説だけでなく、「長寿を望むなら三里の灸を続けなさい。」という諺まであります。

 

編集部    三里はどこにあるのか。針灸はなぜそんなに効くのか。ツボとはどういうものか。家庭で手軽にできて、美容にもアンチエイジングにも良い方法とはどういうものか。博士に訊きたいことが山ほどあります。

 

ふぅ博士   今、針灸は世界中の人が関心を持っています。アメリカやオーストラリアなどでは一種のブームになっているとも聞いています。東洋の宝であるこの針灸というものを私たちはもっと知る必要があると思います。

 

編集部    たしかに鍼灸は私たち東洋の宝ですね。しかも21世紀の医学と言えるかもしれません。次回は、さっそく針灸のイロハから私たちに教えてもらいたいと思います。お楽しみに。

 

前のページ 次のページ

トップに戻る  

  

胡 中医鍼灸治療院 (予約制)

  渋谷区幡ヶ谷2-8-10-1001  TEL 03-3374-1318

  診療日      月曜・火曜・木曜・金曜・土曜・日曜   休診日  水曜・祝祭日

  診療受付時間  午前10時〜午後6時30分

  予約方法     電話。  ただし急患の場合は随時来院可。

  料金        初診料 3000円

             治療費 7000円 (消費税別)

             難病の場合は追加料金を申し受けることがあります。

  交通        京王新線・都営新宿線「幡ヶ谷」下車。北口から左へ徒歩1分。  

  

ふぅ博士プロフィール : 本名 胡 伊拉(こ いら)博士

中国ハルビン市生まれ。中国瀋陽市にある中国医科大学を卒業後、開原県立病院内科、黒龍江省衛生管理幹部学院学部長、さらには、黒龍江省医学情報研究所長を経て、1986年 世界保健機構(WHO)のフェローとして来日。 国立公衆衛生院にて博士号を取得後、中医鍼灸学への思いやみがたく、日本で鍼灸師の資格を取得。1992年 中医鍼灸院を開業。

著書に「ハリ・灸はどうしてこんなに効くのか」(論創社)「効果てきめん!ツボの本」(日東書院)「すぐ効く治るツボの秘密」(保健同人社)がある。他にも雑誌の連載多数あり。現在も雑誌連載中。

 

 
 
Copyright (C) 2006 Keimei-kai Medical Corporation. All Rights Reserved.