特集

アンチエイジングのツボせらぴー(1)

   次のページ  
ハーブの風 新着記事

お知らせ

システム不良のため、大変申し訳ありませんが、しばらく更新をお休みします。

 

 

 

 

 

 

 

 

編集部   えー、本日より、カリスマ鍼灸師として最近人気急上昇中のふぅ博士をお招きして、若返りつまりアンチエイジングの針灸についていろいろお話をお伺いしたいと思います。ふぅ博士、こんにちは。よろしくお願いいたします。

 

ふぅ博士  こちらこそ、どうぞよろしく。

 

編集部  まずはじめに、ふぅ博士のご経歴を簡単にご紹介したいと思います。ふぅ博士は、中国瀋陽省にあります中国医科大学をご卒業された後、開原県立病院内科、黒龍江省衛生管理幹部学院 学部長、さらには、黒龍江省 医学情報研究所長を経まして、1986年世界保健機構(WHO)のフェローとして来日されました。

国立公衆衛生院にて博士号を取得された後、中医針灸学への思いやみがたく、日本で鍼灸師の資格を取得し、1992年 中医針灸院を開業なさいました。

いろいろご苦労もあったかと思いますが、博士をそこまで魅了した針灸の魅力とはなんでしょうか?

 

ふぅ博士 鍼灸は薬でもないし手術でもありません。ですから、薬のような副作用はないし、手術のように体に与えるダメージもありません。体に悪いことはまったくないんです。 

 

編集部  わたしも、鍼灸は体にやさしい治療法だと思います。

 

ふぅ博士 また、体にやさしいだけではありません。病気の治療や予防、体質改善、健康の増進などの作用が確実にあるので、患者さんだけでなく、医者にとっても何よりのラッキーで安心できる治療法だと思います。

 

編集部  すみません。あまりピンとこないんですが、現代医学と比較した場合、鍼灸が優れているのは具体的にどういった点でしょうか。

 

ふぅ博士 つまりこういうことですね。たしかに現代医学は医療技術の進歩によりどんどん発展しています。一例を挙げると、最先端の技術を使えば、心筋梗塞はもはや以前ほど怖い病気ではなくなりました。このことにより、大勢の患者さんが助けられています。私も医者として非常に嬉しく思っています。

 

編集部  なるほどなるほど。最近は、脳にかなりのダメージを受け、今までなら助からなかった患者さんでさえ、低体温療法のおかげで回復するんですものね。まったく、現代医学の進歩は驚異的です。

 

ふぅ博士 しかし一方で、アレルギー性疾患など体質に関係する病気、あるいはストレスによって引き起こされる病気、さらにはリウマチや変形性脊椎症による疼痛などのつらい症状に対しては、現代医学はどうしようもなくお手あげな状態です。

 

編集部 たしかに現代医学は意外に身近な病気に対して弱い面があります。

 

ふぅ博士 そういう時こそ鍼灸の出番なのです。

 

編集部  えーっと、つまりどういうことですか?ちょっと難しくてよくわからないんですが…。それではですね、鍼灸の特徴をズバリひとことで言っていただけませんか?

 

ふぅ博士 つまり、針灸は人間の体を調整するものということですよ。テレビにしても車にしても、いつもキチンと調整して手入れを怠らなければ、故障することもあまりありませんし、乱暴に使うよりもはるかに長持ちしますでしょ。人間の体でそれができるのが針灸なんです。

 

編集部  ははぁ〜。現代医学とは異質なものなんですね。

 

ふぅ博士 そうです。現代医学は壊れた部品を治したり取り替えたりする医学ですから全然別のものです。

 

編集部 なんとなくわかってきました。針灸は、わたしたちの体の手入れをして、いつまでも新品同様にしてくれる技術。この特集のテーマの若返り=アンチエイジングにはまさにピッタリというわけですね。では時間になりましたので、この続きはまた次回ということで。お楽しみに。

 

 次のページ

 

胡 中医鍼灸治療院 (予約制)

  渋谷区幡ヶ谷2-8-10-1001  TEL 03-3374-1318

  診療日      月曜・火曜・木曜・金曜・土曜・日曜   休診日  水曜・祝祭日

  診療受付時間  午前10時〜午後6時30分

  予約方法     電話。  ただし急患の場合は随時来院可。

  料金        初診料 3000円

             治療費 7000円 (消費税別)

             難病の場合は追加料金を申し受けることがあります。

  交通        京王新線・都営新宿線「幡ヶ谷」下車。北口から左へ徒歩1分。  

  

ふぅ博士プロフィール : 本名 胡 伊拉(こ いら)博士

中国ハルビン市生まれ。中国瀋陽市にある中国医科大学を卒業後、開原県立病院内科、黒龍江省衛生管理幹部学院学部長、さらには、黒龍江省医学情報研究所長を経て、1986年 世界保健機構(WHO)のフェローとして来日。 国立公衆衛生院にて博士号を取得後、中医鍼灸学への思いやみがたく、日本で鍼灸師の資格を取得。1992年 中医鍼灸院を開業。

著書に「ハリ・灸はどうしてこんなに効くのか」(論創社)「効果てきめん!ツボの本」(日東書院)「すぐ効く治るツボの秘密」(保健同人社)がある。他にも雑誌の連載多数あり。現在も雑誌連載中。

 

 
 
Copyright (C) 2006 Keimei-kai Medical Corporation. All Rights Reserved.